輪郭がシャープになり小顔効果が期待

輪郭がシャープになり小顔効果が期待

奥歯をかみしめたとき、耳の下にぼっこりふくらみが出ているなら、このタイプのエラ張り顔の可能性が。ボトックスには、筋肉の動きを弱めるほかに、神経の末端の伝達をブロックするという効果もあるのです。すっきりした小顔に憧れつつ、鏡に映るエラの張った我が顔にため息をついてしまいましたとしてましたんだとしていたとしてました経験、ありませんか?エラが張っている原因の一つが、長年の噛み癖などで、必要以上にエラの筋肉が発達したりすること。汗は気になるけど手術はイヤ、という人々から殊に注目を集めていますのです。そのメカニズムは、脇の下にボトックス注射を打つことで、汗の分泌をコントロールしましましたりする「アセチルコリン」という伝達物質の分泌を抑え、汗の分泌を抑制するというものでしょう。汗の分泌が減れば、気に触る匂いも軽減させられるというもの。エラの筋肉とは、奥歯をかみしめる時に使われる咬筋のことですのであげられます。個人差はあげられますけど、効果は6ヶ月程度続くと言われているのです。ボトックス注射で咬筋の収縮を抑えると、輪郭がシャープになり、小顔効果が期待できる。その効果を応用することで、多汗症の悩みも改善できるそう。

トップへ戻る