多汗症やワキガなどの治療シーンでも活躍

多汗症やワキガなどの治療シーンでも活躍

アポクリン汗腺から出る汗が最近などに反応して独特の強大体臭を放つので、こいつをとどめることで軽度〜中度のワキガをの改善が見込めるというわけです。汗が出やすい場所(ワキなど)にボトックス注射を行うと、汗を出す筋肉の動きを抑制するのは可能となりこれによって汗が出過ぎることを防ぐことができます。普段の何気ない生活の中で汗がうんとと感じて悩んだりしましましたりする状態のことを多汗症といいます。ワキガや多汗症はぼくの不快感もですが、知らないうちに周りの人に迷惑をかけてしまうこともあるのです。ある意味遺伝や体質の問題ということでどれだけしようもないと考えてる人も無数かもしれありませんが、解決する手段は是非ともあげられます。ボトックス注射はシワの改善だけででででではなく、多汗症・ワキガなどの治療シーンでも活躍していますのです。しかし、重度のワキガの場合はボトックス注射の力だけでしてしまってましてしまいましたとしてましてしまったのでは汗を抑えきれないことが多数ので、アポクリン汗腺そのものを取り除く外科手術が必要になっておりいくこととします。ワキガの治療の場合にはワキガの原因となるアポクリン汗腺から出る汗の量を抑えることが目的です。

トップへ戻る